適した銀行ローンの選び方

銀行

お金を預ける(預金)・給料の振込・口座から支払いの自動引き落とし、など銀行を利用されている方は多いと思います。

 

というか、ほとんどの方が何かしらの理由で銀行を利用していると思います。

 

銀行は生活していくうえで無くてはならない所ですよね。

 

一番に『銀行=お金を預ける』といったイメージがあるかもしれないですが、お金を借りる事が出来るのも銀行の大きな特徴だと思います。

ローンの種類
住宅ローン

マイホーム建設やマンション・土地を購入する際に銀行でお金を借りる事ができるローンです。
中古物件購入やリフォーム資金などを借りるときも住宅ローンの利用が可能です。

マイカー(自動車)ローン

車やバイクを購入する際に銀行でお金を借りる事ができるローンです。
新車・中古車問わず利用する事ができ、免許費用(教習費用)として借りれる銀行もあります。

教育ローン

大学や高校など学校にかかる費用を銀行で借りる事ができるローンです。
入学金や授業料・教科書代・制服代など学校に関わる費用に充てる事が出来ます。

医療ローン

医療費用を銀行で借りる事ができるローンです。
治療費や入院費、検査費、先進医療や不妊治療などのあらゆる医療費用を借りる事が出来ます。

ブライダルローン

結婚式で必要な費用を銀行で借りる事が出来るローンです。
結婚式・披露宴での費用はもちろん、婚約指輪・新婚旅行費用などを借りる事も出来ます。

事業者ローン

企業や事業主・個人経営者の方が銀行でお金を借りる事が出来るローンです。
運転資金、設備資金など事業に必要な資金を借りる事が出来ます。

フリーローン

その名の通り、使い道目的が自由となっているローンです。
ただし、事業資金として利用する事は出来ません。

カードローン

カードローンも使い道目的が自由となっているローンになります。
フリーローンと同じ?と思うかもしれないですが、細かい違いがあるので下記で詳しく説明します。

このように、銀行では多くのローンを取り扱っています。

 

家を購入するなら『住宅ローン』、車を買うなら『マイカーローン』と、使用目的が決まっている場合は目的に合ったローンを利用して銀行からお金を借りる事が可能となります。

 

銀行ローンの利用方法

銀行ローン利用の流れは、

 

申込⇒審査⇒審査通過⇒融資

 

大まかに言えばこのような流れになります。これは、住宅ローンやマイカーローンなどどのローンを選んだとしても一緒です。

 

どのローンでも、審査に通らない限りはお金を借りる事は出来ません。まずは申込してみて審査に通るか、といった事が大きなポイントと言えるでしょう。

フリーローンとカードローン

フリーローンとカードローンは他のローンと比べると、ちょっと違う仕様になっています。

 

「家を買う=住宅ローン」「車を買い替える=マイカーローン」「入学金を借りる=教育ローン」など、借入目的がしっかりある場合は専用のローンに申込すればいいんですが、『お金が必要』といった場合はフリーローンやカードローンに申込するようになります。

 

上記表でも説明しているように、フリーローンとカードローンは使用目的が自由なローンとなっています。

 

例えば「生活費が足りない」・「携帯代が払えない」・「飲み会でお金が必要」などといった場合でもお金を借りる事が出来ます。

 

極端にいうと、使用目的は無いけどお金だけ借りたい、といった場合でも利用する事が出来ます。このように必要な時に現金を直接借りれるといった点が大きな特徴です。

 

フリーローンとカードローンの違いは?

フリーローンとカードローンの一番の違いは、すばり『お金を借りれる回数』です。

 

フリーローン…1度のみ
カードローン…借入限度額内であれば何度でも可

 

フリーローンの場合は、申込時に申請した金額を銀行から1度借りるだけとなっています。

 

カードローンの場合は、契約時に借入限度額が決められます。この限度額内であれば、いつでも好きな時に何度でもお金を借りる事が可能となります。

 

この部分が大きな違いになります。

解説

 

もしフリーローンで追加でお金を借りたい場合は、もう一度新規で銀行に申込みしなければなりません。もちろん新規申し込みになるので、再度審査などは必要となり時間もかかります。

 

その点カードローンであれば、借入限度額内であれば新規申し込みなしでいつでも何度でも借りる事が可能となっています。

 

例えば、フリーローン・カードローンともに30万円借りたとします。(※この時のカードローン限度額は30万円とします。)

 

両ローンともに毎月返済していく流れは同じなんですが、途中で急な出費などでどうしてもお金が必要になった場合、カードローンであれば<限度額−現在の借入額>までであれば、いつでもお金を借りる事が可能となっています。

 

カードローンは、ローン専用のカードを発行してもらえるので、銀行のATMはもちろんコンビニのATMからでも24時間いつでもお金を借りる事ができるようになっています。

 

わざわざ銀行に追加融資の連絡を入れる必要もありません。また、千円単位と少額から借りる事が出来るといった点も特徴です。

 

フリーローンの場合だと、追加でお金が必要になった場合は新たにローン申込しなければならない煩わしさがあります。カードローンだとそういった事も無いので、どちらかといえばカードローンに申込した方が使い勝手が便利でいいと思います。

 

カードローンは年会費なども不要となっているので、とりあえずカードを作っておくだけという事も出来ます。ローンカードさえ作っておけば、お金が必要になった時にいつでも借り事が出来るのでいざという時にも助かりますよ。

 

銀行カードローン 申込方法

銀行カードローンの申し込み方法なんですが、最近はインターネットからの申込みが主流となっています。しかも、来店不要で契約完了する事が可能です。

 

必要書類も少なく、身分証の写しを提出するぐらいとなっています。借入金額によっては給料明細などの収入証明書を提出する場合もあるんですが、高額借りない限りは提出不要となっている銀行が多いです。

 

カードローンの場合は保証人・担保も不要なので、申込から契約までの流れがとてもスムーズです。早ければ、申込した当日中の即日融資が可能な銀行カードローンもあるぐらいです。

 

住宅ローンやマイカーローンなど他のローンの場合は、書類の提出・保証人・銀行窓口での申込など結構大変だと思います。それに、審査結果が出るまでも結構時間がかかりますからね。

 

その点、カードローンは自宅に居ながら簡単に申込みする事が出来て、契約までもスピーディーになっているので、他のローンと比較したら使いやすいローンになっていると思います。

 

 

地方銀行のローン

地方在住の方の中には、地方銀行の支店が自宅の近くにあるという人も多いでしょう。地方銀行ではメガバンク同様お客さんからお金を預かるだけでなく、個人・法人ともにいろいろなローンのサービスを展開しています。

 

お金が必要、でも持ち合わせがないといった時には地方銀行でお金を借りることも検討してみる価値はあるでしょう。地方銀行のローンには独自の特徴があります。

 

有効に地方銀行のローンを活用するために、地銀のローン商品の特性について理解しておきましょう。

 

地方銀行のローンはメガバンクよりも不利?

地方銀行もメガバンク同様、様々なローンを提供しています。しかししばしば指摘されるのは、地銀のローンはメガバンクと比較していろいろな条件が不利になってしまうのではないかというものです。

 

たとえばローンの借入可能額ですが、メガバンクと比較すると少ないと指摘されることがあります。確かにメガバンクを見てみると、保証人や担保の必要ないカードローンでも800万円とか1000万円までの融資に対応しているような商品もいくつか見られます。

 

これと比較すると、地方銀行のカードローンの借入限度額は少なめです。資金力がメガバンクと比較するとどうしても少ないからです。

 

特に住宅ローンのような何千万円といった単位でお金を借りる場合には注意が必要でしょう。自分が購入しようと思っている住宅を購入できるだけの資金を融資してくれるかどうか、きちんと前もって確認しておくべきです。

 

また地方銀行のローンの金利は、メガバンクと比較すると高めに設定されているという話も聞かれます。確かにメガバンクと地方銀行の金利の相場・平均で比較すれば、メガバンクのほうが有利かもしれません。

 

しかしこれは先程紹介した借入限度額の大きさも影響しています。

 

メガバンクは大口の融資にも積極的に対応しているので、金利は低めになるのです。しかし金利は融資額に応じて決まるので、実際に同じ借入限度額でメガバンクと地方銀行の金利で比較すると、それほど大きな違いはないでしょう。

 

全く同じ条件ではないかもしれませんが、地方銀行でローンを組むことは一概にメガバンクと比較すると条件が不利とは言えません。

 

しっかりと各銀行のローンを比較していけば、お金を借りる側にとって有利な条件でお金を借りることも十分可能です。

 

地元住民にやさしい地方銀行

地方銀行のローンを利用するメリットですが、地域住民に密着した営業をしているところが多いことでしょう。

 

地方銀行のローンの商品概要を見てみると、その地銀が支店を展開している地域に住んでいる、もしくは勤め先のある人に限定されています。

 

このように地域密着型の営業をしていて、該当する人には手厚いサービスを提供してくれます。地方在住の方にとっては、いざというときに大変重宝する金融機関といえます。

 

メガバンクの場合、日本全国に支店を展開していますが個別の地域できめ細かいサービスを全くしていないわけではありませんが、規模が大きすぎるので地銀のように小回りはなかなか利きません。

 

ローンの審査をする場合でも個別の事情はあまり考慮されず、決められた審査基準にのっとって、画一的に融資の判断をする傾向がみられます。

 

しかし地方銀行の場合、もちろんローン融資をするにあたって審査基準はありますが、個別の事情についてもいろいろと相談に乗ってくれることが多いです。

 

このため、メガバンクと比較すると融資に関して比較的柔軟に対応してくれるところも少なくないです。

 

ですからローンの体験談がインターネットなどでいろいろと紹介されていますが、メガバンクに申し込んで審査に落ちてしまった人が地方銀行のローンの場合には審査通過して融資を受けられたといった話もしばしばみられます。

 

地方銀行のローンを利用するためには、普段からその地方銀行と取引をするのがおすすめです。

 

個別には若干対応が異なるかもしれませんが一般的な傾向として、融資を受けようと思っている地方銀行の口座を給与振り込み用の口座に利用しているとか、公共料金の引き落とし用口座にしている場合、審査に通りやすくなる傾向があるといわれています。

 

その金融機関に利用履歴が残っているということが、審査の中ではかなり重要なポイントになりえます。また口座を開設していて定期的に取引していると、地方銀行としてみてもその人の貯蓄状況を把握しやすくなるので信用力もつくわけです。

 

給与振込口座や公共料金などの引き落とし口座に地方銀行のものを利用していると、特に住宅ローンでみられることですが、金利優遇のサービスを受けられるかもしれません。

 

店頭表示されている金利よりも低くなった金利が適用されるのです。住宅ローンの場合多くの人が、何千万円という大きな額の借り入れを希望するでしょう。

 

だいたい優遇金利というと店頭金利よりも1%未満の差引きになるので、割合だけを見ると大した差ではないような感じがします。

 

しかし借入額が大きいので、ゼロ.何%の金利の違いでも利息の総支払額は何百万円も条件によっては違ってきます。

 

このように一定の条件を満たしていれば、お客さんの返済負担をできるだけ軽減するような配慮にもたけているのが地方銀行でお金を借りる際のメリットといえます。

 

自営業者やフリーランスにはお勧めの地方銀行

銀行のローンの審査基準としてポイントになるのが、「継続・安定的な収入のあること」というものです。別に高収入でなくても、一定の収入がコンスタントに入ってくる人であれば、審査に受かる可能性が高いです。

 

仕事別に比較してみると、サラリーマンや公務員のようないわゆる給与所得者は最も高く評価される傾向があります。毎月給料が入ってきますので、貸したお金を回収できる可能性はかなり高いです。

 

一方自営業者やフリーランスの方の場合、給料制ではないです。となると毎月入ってくる収入は仕事量の多少によって上下してしまいます。

 

その結果継続・安定的な収入という条件をクリアすることができないので、お金を貸してくれないということはないかもしれませんがサラリーマンや公務員のような給与所得者と比較するとどうしても評価は低くなります。

 

まとまったお金の融資を希望する住宅ローンのような借入の場合、希望額に達しないとか、審査で落とされる可能性もまったくないわけではないでしょう。

 

すべての自営業者・フリーランス・すべての金融機関がそうとは限りませんが、一般的な傾向としてメガバンクは審査の厳しくなる傾向が見受けられます。

 

一方地銀の場合、このような自営業者やフリーランスに対しても融資を行う姿勢が見られます。特に中小企業の経営者とか個人事業主がお金を借りるにあたって、地方銀行や信用金庫、信用組合のようなローカルな金融機関を利用することはまま見られます。

 

ただし誰でも彼でもお金を貸しているわけではないです。やはりこの場合でも、お金を借りる前の取引状況が重視されます。

 

前にも借り入れの実績があって、返済の履歴が良好である場合などにはお金を融通してくれることもあります。

 

特に住宅ローンとか事業性資金の融資のようなまとまったお金を借りたいと思っているのであれば、カードローンなどの少額の融資をこまめに受けて返済を期日通りに行って、信用力を常日頃から高めておくことが必要でしょう。

 

事業をしている人にとって、資金繰りは常に頭のどこかにあるという人は多いでしょう。必要ない場面でお金を借りることに抵抗を感じている人もいるかもしれません。

 

しかしあまり必要性のない時でもこまめに地方銀行でお金を借りて、関係性を築いておくことは大変重要です。

 

いざというとき、どうしてもお金を借りないといけない時などに普段取引のある地方銀行は力になってくれる場合も少なくないからです。

 

地方銀行のローンを利用する際の注意点

地方銀行のローンですが、上で紹介したようにいろいろなメリットが期待できます。しかしその半面で利用するにあたって注意すべきポイントもあります。

 

まずは審査のスピーディさです。メガバンクを見てみるとカードローンを中心として、即日審査・即日融資のような消費者金融レベルのサービスを展開しているところも多いです。

 

よく大手の消費者金融の宣伝などを見てみると「○○フィナンシャルグループ」という風に紹介されることがあります。主要な大手消費者金融のほとんどが、メガバンクの傘下に入っています。

 

この消費者金融の審査のノウハウをメガバンク自身のカードローンでも応用しているので、スピーディに審査ができます。

 

地方銀行の場合、そのような消費者金融のノウハウを生かせないところが多いです。即日審査などに対応しているところも全くないわけではないですが、すぐにお金を貸してくれるようなところはあまり多くないのが実情です。
中には郵送などで申し込みをすると、借り入れできる状況になるまでに1週間程度かかってしまうケースも見られます。

 

もし今すぐ現金が必要という場合には、地方銀行よりはメガバンクのカードローンの利用を検討したほうがいいかもしれません。

 

またローンを組むにあたって、金利がどのくらいかということは申し込む側にとっては気になることの一つでしょう。

 

地方銀行のローンの場合金利について注意しなければならないことがあって、変動金利を採用していることの多い点に着目しましょう。

 

しかも結構こまめに金利の見直しをしている地方銀行もあります。最近では各種ローンの比較サイトがあって、地方銀行のローン金利についても一覧で表示されていて、比較しやすいようになっています。

 

しかしこの比較サイトの中には、こまめに情報をアップデートしていないところも見られます。ですから比較サイトの情報を信じて借入したところ、そこに乗っている利率よりも高い金利で借りる羽目になってしまったという話もしばしば耳にします。

 

そこで比較サイトで借入先を決めるのはいいですが、申し込む前に必ずその借り入れようと思っている地方銀行のホームページにアクセスして、現在の金利がどうなっているかを今一度確認するように心がけましょう。

 

メガバンクの場合、日本全国に支店やATMを展開している場合が多いです。例えば出張や旅行先で現金の持ち合わせがなくなってしまったとしても、メガバンクのカードローンを利用していれば、現地の支店やATMを使ってお金を借り入れることも可能です。

 

地方銀行の場合、特定の地域であれば、細かく支店やATMのネットワークを整備しているかもしれません。しかし一歩その地域を飛び出してしまうと、とたんに支店やATMの設置数が限られるケースもあります。

 

そうなると出張や旅先でお金が足りなくなったときにカードローンで借入できないという事態も想定できます。ただし地方銀行の中には、ほかの金融機関と提携しているとか、コンビニATMの利用できるようなところもあります。
特にコンビニATMが利用できるというのは、旅先でお金が足りなくなったときには心強いです。どの地方であっても、徒歩圏内にコンビニがどこかにあるはずです。

 

しかも一部地域を除いて、コンビニは24時間営業しているところが多いです。ですから深夜や早朝でも、現金の持ち合わせがなくて困った時でも手軽に借り入れできる魅力があります。

 

提携ATMの状況については、各地方銀行のホームページで情報を掲載しているはずです。こちらで情報の確認をしておきましょう。

 

ただしコンビニや提携金融機関のATMを利用した場合、利用手数料が別途でかかってしまう可能性もあります。一部提携ATMであっても手数料無料としている地方銀行もありますので、出張などで頻繁に旅することの多い人はこのようなところもホームページなどでチェックしておくといいでしょう。

このように地方銀行には、メガバンクにはないローンの特性があります。地域密着型の営業をしていて、該当する人に対しては親身に相談に乗ってくれたり、融資するにあたって柔軟な対応をしてくれたりするところが多いです。

 

一方で、ローンを組むことのできる地域に限りがあるとか、カードローンの場合審査に手間取りスピーディさに欠けるなどのデメリットがあるかもしれません。

 

お金を借りたい場合には、メガバンクだけに目を向けるのではなくて、地方銀行も候補に入れて、より幅広い選択肢の中からより自分に合ったローンを見つけることが大事になるでしょう。