地域密着型・北都銀行でお金を借りるのはどう?

秋田県在住の方で、急な出費で手持ちがなくて困っている、マイホームをそろそろ購入しようと思っているけれども住宅ローンをどこで組めばいいか迷っているという人はいませんか?

 

秋田には北都銀行という地域密着型の銀行があって、カードローン【スーパーアシスト】や住宅ローンの個人向けの融資サービスを実施しています('ω')ノ

 

以下で各種商品の内容について紹介しますので、借り入れを検討してみませんか?

 

北都銀行ってどんな銀行?

北都銀行はそもそもは1895年に創立された増田銀行が母体になっています。その後1922年に羽後銀行に改称され、1993年に第二地方銀行だった秋田あけぼの銀行と合併したことで現在の北都銀行になりました。

 

横手市やにかほ市の指定金融機関となっています。地域密着型の金融機関で、プロジェクトファイナンスとタッグを組んで地域活性化にも積極的に取り組んでいますよ(^^)/

 

秋田港内の工業団地に東北最大級の木質バイオマス発電所を作っているのですが、幹事銀行の一つになって、総額実に100億円を超えるシンジケートローンの組成をした実績もあるんです。

 

また2015年には内閣府から「女性が輝く先進企業表彰」で内閣総理大臣賞を獲得しており、女性スタッフの登用にも積極的な姿勢を見せています。

 

北都銀行のカードローン商品

北都銀行では、ローンスーパーアシストというカードローンプランを提供しています。事業性資金や投機性資金、転貸などを除き、基本的にどのように借り入れたお金を使っても問題はありません(^◇^)

 

利用対象者

20歳以上で、安定収入のある方。パートやアルバイト、専業主婦の方でも借入可能となっています。

 

金利

6.5〜14.6%…消費者金融は上限金利を18%前後にしていますので、それと比較すると金利は低く利息の余計な費用負担から免れられます。

 

融資額

最高500万円…主婦の方は10万円まで、パート・アルバイトの方は30万円までとなっています。

 

返済日

毎月10日…指定する口座から自動的に引き落とされる形で返済されます。ちなみに月々の最低返済額ですが、残高によって決められます。ちなみに30万円までの残高であれば、月々の返済金額は5000円となっています。これなら無理なく返済できるという人もいるでしょう。

 

北都銀行の住宅ローン商品

北都銀行では様々な住宅ローンを提供しています。その中でもベースになるのは、北都住宅ローンです。5000万円までを上限として住宅資金の融資を行っています。

 

20歳以上で最終返済時の年齢が81歳以下の人を対象にしていて、勤続年数2年以上・自営業者の場合には現在行っている事業の営業実績が3年以上の人が対象になります。

 

また北都銀行の住宅ローンですが、いろいろな特約を付けることができます。

 

たとえばガン保障特約は、保障が開始された日以降にがんと診断された場合に診断給付金が支払われ、その時点の住宅ローンの残債はゼロにすることが可能です。

 

そのほかにも3大疾病保障特約の付いた住宅ローンもあります。3大疾病とは、がんのほかに急性心筋梗塞と脳卒中が該当します。

 

がんは診断された場合、そのほかの疾病についてですが急性心筋梗塞は労働の制限が必要な状態・脳卒中は神経学的な後遺症が60日以上継続した場合に、住宅ローンの債務がゼロになります。

 

ただしこれらの特約を付けた場合、ガン保障特約は0.2%・3大疾病保障特約は0.3%従来の金利に上乗せされます。

 

秋田銀行でお金を借りる際の注意点
☆カードローン☆
パートやアルバイト・専業主婦の借入限度額

北都銀行のカードローンのローンスーパーアシストですが先ほども紹介したように、パートやアルバイト、専業主婦の方でも借り入れできるローンになっています。

 

しかしこれらの人の場合、借入限度額は一律に制限されますので、あらかじめ注意しておきましょう。パートやアルバイトの方の場合、借り入れできるのは30万円までとなります。

 

専業主婦の場合さらに借入限度額は制限されて、10万円までとなりますので理解したうえで申し込み手続きを進めましょう。

 

必要書類

ローンスーパーアシストに正式に申し込みをする場合には、本人確認書類のほかに所得の確認できる源泉徴収票や所得証明書の原本が必要になりますので注意しましょう。

 

ちなみに所得確認資料ですが、専業主婦の場合配偶者のものを持ってくる必要はないです。また北都銀行に普通預金口座がないと借り入れができません。

 

その場合には、まず預金口座を開設してからカードローンの申し込みという流れになります。

 

☆住宅ローン☆
金利を選ぶ

北都銀行の住宅ローンですが、変動金利と固定金利のいずれかを皆さんで選択することができます。

 

固定金利も固定期間がいくつかあって、3年と5年、7年、10年と4つのコースが用意されています。ちなみに変動金利の場合、利用期間中いつでも固定金利に変更することが可能です。

 

ただし固定金利を選んでから変動金利への移行はできませんので慎重に先行きを見たうえで、いずれの金利にするかを判断しましょう。

 

頭金

北都銀行の住宅ローンですが、所要資金の100%を上限として融資を行っています。しかし将来的な返済負担のことを考えるのであれば、マイホーム購入費用も少なくても2〜3割程度の頭金を準備するのがおすすめです。

 

資金計画をしっかりと練ったうえで、北都銀行の住宅ローンに申込みすることです。

 

 

北都銀行でお金を借りる際のポイント

北都銀行のカードローンですが、申込時の年齢が20歳以上70歳未満となっています。70歳未満というのは、ほかの銀行カードローンと比較すると高めの設定といえます。

 

中には年金生活をしていて、少しお金が厳しいのでカードローンを利用したいという人もいるでしょう。銀行カードローンの中には年金受給者には融資をしていないところもあります。

 

しかし北都銀行のカードローンの場合、年金受給者も融資の対象としています。高齢者にもお金を貸してくれるカードローンというのは、北都銀行のローンを語るうえでポイントになるでしょう。

 

また北都銀行で何らかの取引のある人は、住宅ローンの利用を検討すべきです。北都銀行の住宅ローンの中には、すまいる応援団!プランという商品もあります。

 

・北都銀行の口座を給与振り込みにしている
・公共料金の自動振替を2件以上している
・年金振込口座に指定している
・貸金庫を利用している
・北都銀行のブライトワンカードを持っている
・積立定期・定期積金を移用している
・積立投資信託を利用している
・個人型401Kを利用している
・NISAの口座を開設している

 

このような場合、店頭表示金利よりも優遇金利で住宅購入資金を融資しています。条件によっては固定金利でも、年利1%を切る利率の適用される可能性もあります。

 

低金利で住宅ローンを組むこともできるかもしれないので、北都銀行を常日頃から利用している人は申し込みを検討してみる価値はあるでしょう。

 

住宅ローンは時として何十年という長期間にわたって返済をしなければならなくなりがちです。その間には病気にかかって仕事ができなくなるとか、病気による何らかの後遺症が残る可能性も否定できません。

 

北都銀行の住宅ローンは、いざという時の保障が充実しているのは上で紹介したように魅力的です。マイホームを購入するにあたって、できることなら家族に住宅ローンの負担を背負わせたくないと思う人が多いでしょう。

 

その場合には北都銀行の住宅ローンも選択肢の一つになってくるでしょう。カードローンについても上限金利は消費者金融と比較すると定理にせってされているので、無理のない返済計画が立てられお勧めです。

関連ページ

秋田銀行
秋田銀行でお金を借りる時のポイントや注意点について紹介します。