地銀最大級の横浜銀行のカードローン

何かと便利なカードローンですが、どこの金融機関が一番よいのでしょうか?

 

自分にとって利用しやすく、地方銀行であれば住んでいる土地に密着した銀行が何かと使い勝手が良いでしょう(^_-)-☆

 

数々の銀行がカードローンや住宅ローンを展開していますが、その中でもお勧めのカードローンとして横浜銀行の商品をご紹介します。

 

横浜銀行ってどんな銀行?

 

横浜銀行とは神奈川県横浜市に本店を置く地方銀行です。

 

地元のプロ野球チームである横浜DeNAベイスターズのイベントに協賛するなど、地元に密着した活動で親しまれています!

 

銀行の希望としてもとても大きく、全国でもトップクラスの規模の地方銀行といえます。

 

総資産額は13兆円にものぼり、地銀の中では最大手の銀行です(^◇^)

 

ちなみに、みなとみらい地区にある本店ビルは、約150mの威容を誇り、銀行の本店ビルとしては日本一の高さなのですよ!

 

知名度としても、銀行としての実力としても、大きな存在感を放つ横浜銀行のカードローンや住宅ローンをよく理解して利用のメリット、デメリットを知っておきましょう!


 

横浜銀行のカードローン商品

横浜銀行のカードローンは、低金利、限度額が高いこと、即日融資が可能であること、来店不要であることなどがまずメリットとして挙げられます。

金利は?

年1.9%〜14.6%

借入限度額 金利
100万円以下 年14.6%
100万円超200万円以下 年11.8%
200万円超300万円以下 年8.8%
300万円超400万円以下 年6.8%
400万円超500万円以下 年4.8%
500万円超600万円以下 年4.5%
600万円超700万円以下 年4.0%
700万円超800万円以下 年3.5%
800万円超900万円以下 年3.0%
900万円超1000万円未満 年2.5%
1000万円 年1.9%
利用条件は?

契約時満20歳以上69歳以下の方、安定した収入のある方、およびその配偶者(パート・アルバイトの方も可〇 学生の方は不可×)
下記の地域に居住またはお勤めの方
(神奈川県内全地域、東京都内全地域、群馬県内前橋市、高崎市、桐生市)

借入限度額は?

10万円〜1000万円の10万円単位

1.9%から14.6%の低金利は確かにほかの金融機関のカードローンと比べても低い設定といえるでしょう。

 

14.6%という上限の金利だけで考えると特に珍しくjはありませんが、1.9%という最安値の金利になるとかなり安いですね(@^^)/~~~

 

消費者金融の金利と比べても2%ほど低いですし、地銀のカードローンと比べても安い印象ですので、負担のない返済計画を立てやすいカードローンといえます☆

 

限度額に関しては、10万円からなんと1000万円まで幅があります。

 

ほかの金融機関のカードローンで限度額が高いといっても、1000万円まで限度額が高いものも珍しいですね。

 

しかし、1000万円の審査が通るにはそれなりの収入がないとダメな気はします。

 

誰でも借りることができるわけではないような・・・。

 

限度額が300万円以下であれば収入証明書は不要で本人確認の書類だけで十分ですので、かなり気軽に申し込めるカードローンといえるでしょう。

横浜銀行の住宅ローン商品

横浜銀行の住宅ローンも魅力の商品の一つです。

 

変動金利型と固定金利型を選ぶことができます。

 

新築の場合にはお得な金利プランとして、最大1.875%も金利が差し引かれることもあり、長期にわたるローンだからこそ、なるべく金利は抑えたいと思う利用者のニーズに寄り添ってくれる住宅ローンといえるでしょう。

 

そのほかにもガン保証特約付き住宅ローンであれば、ガンと診断されたときに住宅ローン残高がゼロになり、予想外の入院や闘病にも対応できます。

 

また8大疾病保証特約付き住宅ローンであればガン以外でも重病と認定された病気にかかった場合、住宅ローン残高がゼロとなります。

 

長期間にわたるローンはずっと先まで計画通りに進むとは言い切れません。

 

こうした特約付きの住宅ローンであればより安心して利用することができますよね!

 

また、男性、女性それぞれに様々な特典が付いた生活応援住宅ローンや女性専用住宅ローンもあります。

 

家事代行や育児・介護サービス、国内のグルメ・レジャーなどもお得に利用できる「Club Off」、女性専用住宅ローン「ロング・エスコート専用サービス」の特典が付いたローンもありますよ。

 

返済だけでなく、生活に関係するあらゆる面でサービスが提供されるため、返済期間も楽しく、充実した毎日が送れるようにサポートしてくれます(#^^#)

 

さらに住宅ローン専用火災保険プランなどもありますので、住宅のトラブルにも対応できる備えをしながら返済していくことも可能です。

 

このように住宅ローンの商品も数々のニーズにこたえられるように展開している横浜銀行はさすが地銀の最大手(^_-)-☆

 

信頼できる横浜銀行の住宅ローンで夢のマイホームに向けて動き出しても良いかもしれません。

 

横浜銀行でお金を借りる際の注意点

即日融資希望なら横浜銀行に口座を持っている方がスムーズ!

カードローン利用には横浜銀行の口座が必要なため、口座を持っていないのであれば新規で作らなければなりません。

 

もちろん、即日融資を希望する場合も、口座がなければ口座開設から行わなければならないため、即日融資が通るためには時間との戦いとなるでしょう。

 

口座を開設するためには、方法は二つあります。

 

@窓口に行くこと⇒窓口に行けばその場で口座の開設ができるが、平日の9時から15時までに来店しなければならない

 

Aインターネット⇒口座開設に時間がかかり、通帳が郵送されるまでに最短でも4週間、カードの郵送までは最短でも5週間以上かかってしまう

 

どうしても急ぎで開設が必要なら、窓口に行って手続きを行う方法しかありません。

 

即日融資を希望するならば、事前に口座を作っておく必要がありますね((+_+))

 

学生は利用不可!

収入の面では決して正社員や公務員でなければならないというわけではなく、アルバイトやパート、専業主婦でも安定した収入があると認められれば申し込みは可能です。

 

しかし、学生の場合には申し込みできませんので注意しましょう!

 

地域制限をクリアしなければいけません!.

地域制限とは、神奈川県内、東京都内、群馬県前橋市、高崎市、桐生市のいずれかに住んでいること、もしくは勤務していることが条件となります。
(近郊の関東地方の埼玉県や栃木県や茨城県はだめなのでしょう・・・。)

 

横浜銀行のカードローンや住宅ローンは、いろいろなニーズに合わせた工夫がなされています。

 

しかし、ローンを組むときに大切なのは、やはりしっかりとした返済計画です。

 

カードローンの場合は少額でも融資してくれますので、ついつい借りている額が増えてしまうこともあり得ますので注意してくださいね。

 

横浜銀行でお金を借りる際のポイント

インターネットバンキングで借入返済可能

〈はまぎん〉マイダイレクト(インターネットバンキング)を契約すれば、カードローン口座をサービス利用口座に追加することで、インターネット上で借入・返済などができます。
場所や時間を選ばずに、スマホやパソコンで操作できます(^_-)-☆

 

借り入れ診断ツールがない!

他社のカードローンの場合、申し込みで審査が通るか不安な場合にはネットなどで借り入れ診断などを行うことができ、実際の申し込みの際に審査に通りやすいか難しいかを事前に調べることもできます。

 

しかし、横浜銀行にはそのような診断ツールはありません(´;ω;`)

 

事前に申し込み条件を確認して実際に申し込んでみるしか方法はありませんので、注意しましょう。

 

ローンは使い方によっては大変便利ですが、注意しないと利息分を支払うために新たな借り入れをして知らぬ間に膨らんでしまうことあります。

 

こうした危険を避けるためには返済に無理のない額の借り入れにとどめておくことが大切です。

 

一つの方法としては、たとえ限度額を引き上げることができたとしても、借りる額にあらかじめ余裕をもって限度を設ける目的で限度額を低めで申し込むのもよいでしょう。

 

しっかりとした管理の上で横浜銀行のカードローンを賢く利用していきましょう。

 

関連ページ

神奈川銀行
神奈川銀行でお金を借りる時のポイントや注意点について紹介します。