沖縄銀行の金融サービスの特徴は?

沖縄銀行は琉球銀行と共に沖縄県にて主要となっている銀行です。

 

戦後間もない頃から営業を始める歴史も長い銀行で、県民から「おきぎん」という愛称で親しまれています。

 

沖縄銀行のローンサービスにはどのような商品があるのでしょうか。またシステムや金利にはどのような特徴があるのでしょうか。

 

沖縄銀行ってどんな銀行?

1956年に創業された沖縄銀行は、琉球銀行と共に沖縄県の経済を支える主要な銀行となっています。沖縄県外では、東京都に1店舗だけとなっていて地元密着型の銀行と言って間違いないですね。

 

三大疾病保障付きの住宅ローンを全国で初めて導入したことでも知られており、この他にも独自の保障サービスや割引サービスが加えられた金融商品を提供しています。

 

「軍用地ローン」という商品もあります。県外の人が聞いたら「・・・?!」ですよね。沖縄県には今でもアメリカ軍の軍用機地がありますので、そういった軍用地のためのローンです。
軍用地そのものに担保力があるので、銀行からお金を借りる普通のローンの事務手続きとは全く違うものだそうです。

 

沖縄銀行のカードローン商品

沖縄銀行では現在、「チェキット」と「カトレアカードローン」という2種類のカードローンサービスを展開しています。カトレアカードローンは更に「カトレアカードローンセレクト」も登場しており、利用者に条件を付けるかわりに金利も安くなっているという特徴があります。
まずはチェキットとカトレアカードローン、それぞれの商品概要と特徴、利点について見ていきましょう。

カードローン「チェキット」
  • 利用条件
  • 契約時満20歳以上で70歳未満の方、沖縄県在住の方、安定した収入のある方、保証会社の保証を得られる方

    ※沖縄県在住で転勤等により一時的に県外に赴任している人も含む

  • 利用限度額
  • 10万円〜200万円 の10万円単位

おかねね

    • 金利
    • 年14.6% の固定金利
  • 借入方法
  • 専用ローンカードで沖縄銀行・提携金融機関・ゆうちょ銀行ATMで借入
  • 返済方法
  • 沖縄銀行沖縄銀行ATM・窓口で返済、ATM/店頭での随時返済

☆申込みの流れ☆
インターネット(パソコン・スマホ)、電話、郵送、FAX、携帯電話,から申込み⇒審査結果の電話⇒カードと契約書類配送⇒契約書類などを郵送⇒利用開始

 

申込み方法が郵送以外の場合は、原則当日中に審査結果の連絡がきます(最短1時間)。契約書の返送そまだしていないのにカードが届く!?と変な感じがしますが、契約書類が銀行に返送されるまでカードの利用はできません!申込書・契約書・本人確認書類(コピー)が沖縄銀行に到着し次第、利用できるようになりますよ(*'▽')ノ

「チェキット」は来店不要!口座不要!収入証明書不要!がポイントのカードローンです。

 

沖縄銀行と取引がなくて口座を持っていない人でも利用可能で、返済用口座を開設する必要はありませんよ♪(返済はATM/店頭入金タイプになります)
申込みから契約まで電話と郵送で完了できますので、来店不要です♪

 

所得証明書も必要ありません!「借入金額●●万円以上の場合は必要」となっている銀行がほとんどですが、チェキットの場合は借入金額に関わらず必要ありませんよ〜

 

金利がは一律年14.6%ですので、標準的だと思います。申込みに関しては便利な印象ですが、少額融資を希望するならばあまりおすすめはしませんね〜(;´・ω・)

カトレアカードローン
  • 利用条件
  • 申込時満20歳以上で完済時65歳以下の方、沖縄県在住の方、勤続年数(営業年数)1年以上の方、年収150万円以上の方、保証会社の保証を得られる方

    ※沖縄県在住で転勤等により一時的に県外に赴任している人も含む

かとれあ

  • 利用限度額
  • 10万円、20万円、30万円、50万円、100万円、200万円、300万円
  • 金利
  • 年9.8% の固定金利
  • 返済方法
  • 借入残高に応じて5000円〜の返済

金利は個的金利でなんと9.8%と、通常のカードローンサービスやキャッシングサービスと比較するとかなり低めで魅力的です♪

 

「カトレアカードローン」は「チェキット」とは違い、契約に際して窓口まで出向かなければならず、また本人確認書類や申込書類と共に収入証明書類、預金通帳と印鑑が必要となりますので、契約に手間がかかってしまうのがデメリットと言えます(´;ω;`)「借入金額●●万円以上の場合は必要」となっている銀行がほとんどですが、「カトレアカードローン」の場合は借入金額に関わらず必要なのです・・・

 

ただし他にも沖縄銀行のサービスを利用していると、金利が最大で2%割引きしてもらえる可能性がありますよ♪

 

「カトレアカードローンセレクト」というものもあり、こちらは沖縄銀行の住宅ローンサービスを利用中の人が対象となるカードローンサービスとなっています。

 

金利は年3.9%という低金利です(#^^#)

 

しかし、沖縄銀行の住宅ローンサービスを利用中であることの他にも勤続1年以上であることや年収が150万円以上であること、直近1年間の返済に遅延の無いことなどが条件となっています。

 

普通に住宅ローンを利用して、返済についても問題が無ければ利用が可能ですが、住宅ローンの返済だけでも家計を圧迫することが考えられますし、また沖縄に住んでいることが条件になっているので、条件に合えば利用する価値があると思います☆

沖縄銀行の住宅ローン商品

沖縄銀行の住宅ローンは地域色の強いサービスとなっているのが特徴です。

 

一般的な金利選択型の住宅ローンに加えて、親子二世代のための住宅ローンや、沖縄に移住する方に向けた住宅ローンサービスなども展開していますよ。

 

環境に配慮した住宅を建てるならばオール電化住宅ローンなども提供していますので、次世代的な新たな住宅を建てるのにも最適です。借り換え用の住宅ローンもあったり、建て替え時に利用できる住宅ローンもあったりと、従来の住宅ローンサービスについても勿論網羅しています☆

 

沖縄銀行でお金を借りる際のポイント

沖縄銀行のキャッシングサービスは基本的に固定金利となっていることには注意する必要があります。カトレアカードローンの場合は9.8%、チェキットは14.6%が金利となりますが、利用する金額に応じて利用するサービスを考えて選択していく必要があります。

 

どちらのキャッシングサービスも、利用額が低い場合には標準かそれ以下の金利となりますが、利用額が100万円を超えた辺りから他サービスの方が安い金利になることもありますので、一つの目安として考えておくと良いでしょう(; ・`д・´)

 

金利だけを考慮するならば「カトレアカードローン」の方が優秀ですが、利用のしやすさという観点からすれば「チェキット」の方が上ですね☆

 

JAおきなわATMでも借入は可能で、平日8:00〜18:00だとATM手数料は無料ですよ。それ以外の時間帯は108円です。セブン銀行、ゆうちょ銀行、全国の提携金融機関でも利用できます。

シーサー

 

住宅ローンサービスについては沖縄県にて住宅を購入する際には利用価値の高いサービスを提供していると言えますが、他地域での利用にはあまり向いていないかもしれませんので、これについても注意が必要です。

 

沖縄銀行の金融サービスは、沖縄県に住んでいる人には魅力的なサービスばかりです♪また、これから沖縄に移住する人に対してもサービスを提供していますので、移住を考えている人は沖縄銀行の利用を考えてみてはいかがでしょうか?

関連ページ

琉球銀行
琉球銀行でお金を借りる時のポイントや注意点について紹介します。
沖縄海邦銀行
沖縄海邦銀行でお金を借りる時のポイントや注意点について紹介します。