第二地方銀行の地域密着した手厚いサービス!栃木銀行のカードローン住宅ローンを紹介

栃木県民にとって栃木銀行は身近な存在ではないでしょうか?

 

栃木銀行は第二地方銀行というカテゴリーに入るので、中小企業や個人向けの商品販売に力を入れています。そのような関係もあって、個人向けのカードローンやマイホーム希望者のための住宅ローン商品が充実しています。

 

以下では栃木銀行の提供するカードローンや住宅ローンについて、詳しく見ていきます。

 

栃木銀行ってどんな銀行?

栃木銀行はその名の通り栃木県を中心に金融サービスを提供している第二地方銀行です。

 

自立した金融機関ではありますが、自動機ベンダーやリテール向けサービスは厚手のUFJ銀行系のものを取り入れています。

クレカ

 

クラブ活動も盛んで、野球部、卓球部、バスケットボール部、剣道部、ランニング部、硬式テニス部、写真部などがあります。実業団の大会でも活躍しているチームもあります♪

 

栃木県を中心に営業をしていますが、その一方で隣接する埼玉県の営業活動にも力を入れつつあります。越谷市には9つの拠点を設置していますし、三郷市にも新規に支店を出すなどの活動が目立ちます。

 

栃木県内の他には茨城県、群馬県、埼玉県、東京都にも店舗を構えていますよ。

 

店舗名の中に気になる名称が・・・「おもちゃのまち支店」(゚д゚)!栃木県壬生町には「おもちゃのまち」という地名があり、高度成長期の頃にたくさんのおもちゃメーカーが生産や研究の拠点にしていたそうです。栃木銀行独自の店舗名ではないのですね。

 

インターネットバンキング(とちぎんダイレクト)を開設すれば、24時間365日スマホのアプリで手数料や店舗の検索ができたり、残高参照や振込をすることができます。ATMや窓口よりも手数料が安いのがうれしいポイントですね☆

 

栃木銀行のカードローン商品

とちぎんスマートネクスト

【利用条件】
契約時満20歳以上65歳以下の方、安定かつ継続した収入がある方、栃木銀行営業区域内にお住まい又はお勤めの方、保証会社の保証を得られる方、他に栃木銀行の無担保カードローンが無い方

 

【利用限度額】
30万円、50万円、70万円、100万円、150万円、200万円、250万円、300万円、400万円、500万円

 

【金利】
年4.0%〜年14.8%

限度額 金利(固定)
30万円、50万円、70万円 年14.8%
100万円、150万円、200万円 年9.9%
250万円、300万円 年6.0%
400万円 年5.0%
500万円 年4.0%

 

【借入方法】
専用のローンカードを使って栃木銀行ATM・提携金融機関での借入れ、専用伝票を使って口座開設店での借入れ(専用ローンカード交付まで)、返済用口座への振替(契約時)

 

【返済方法】
返済用口座からの自動引落し、栃木銀行ATM・窓口での随時返済

毎月6日が約定返済日となっていて、決められた金額を支払う必要があります。返済金額は、前月末日時点の残高に応じて決められます。30万円までは月々5000円が最低返済額です。同じく50万円まで1万円、100万円まで2万円で以降残高が100万円増えるたびに1万円ずつ月々の金額が増えます。400万円を超えると月々6万円の返済が必要で、これが月々の返済金額の上限です。

 

事業性以外でしたらしよう用途は自由ですので、給料日までの生活費の足しに・・・急な出費に・・・ブライダルローンとして・・・いくつかのローンのおまとめで・・・様々な場面で活躍します♪

 

申込みはインターネット(パソコン・スマホ)、携帯電話、電話、FAX,、郵送からできます!

申込みからの流れ(※インターネット簡易申込みの場合)
インターネット(パソコン・スマホ)で簡易審査申込み⇒電話で連絡⇒仮審査⇒郵送で正式契約⇒専用ローンカード自宅郵送

 

栃木銀行の住宅ローン商品

栃木銀行では、マイホームを購入しようと思っている人のために住宅ローンを提供しています☆

 

マイホームの購入資金のほかにも、増改築やリフォーム資金、住宅購入にあたって生じる諸費用などの融資にも対応していますよ。さらに現在別のところで住宅ローンを組んでいるけれども、栃木銀行に借り換えたいと思っている人にも借り換えローンを販売しています。

 

住宅ローンを組むにあたって、金利が気になるところでしょう。栃木銀行の住宅ローンでは、変動金利型と固定金利選択型があります。固定金利選択型は、固定金利期間が3種類あって、3年と5年、10年のものが用意されています。

 

「3つの安心」

栃木銀行の住宅ローンは「3つの安心」と呼ばれるサービスのついているのがポイントです。

 

@万が一のことがあった場合に安心
団体信用生命保険に加入しますので、返済途中に利用者が死亡、重度障害状態になった場合保険金が支払われ、それで住宅ローンを完済することが可能です。つまり家族に住宅ローンの負担を負わせることはないです。

 

そのほかにも11疾病団信といった、がんと診断された場合以外にも、心疾患と脳血管疾患、糖尿病、高血圧、慢性膵炎、腎疾患、肝疾患、大動脈瘤かい離、上皮内新生物、皮膚の悪性黒色腫以外の皮膚がんで180日以上の継続入院となった場合、残債が保険金ですべて返済されます。

 

Aローンの返済のサポート
病気やけがによって30日を超えて就業障害の発生した場合、保険金を支払うことでローンの返済をサポートしてくれます。

 

B火災保険
もしかするとマイホームを購入しても、その後火災に巻き込まれることもないとは限りません。そこで5つの保険会社の中から、火災保険を選べるプランを用意しています。

 

栃木銀行でお金を借りる際のポイント

カードローン


「とちぎんスマートネクスト」は、来店不要で借り入れできるのが大きなポイントになるでしょう(^_-)-☆

 

平日の日中は仕事の都合上、なかなか銀行に行けないという人も多いですよね。しかしそのような人でも空き時間を使って、パソコンなどで手軽に申し込みできます。WEB申込にも対応していて、パソコンのほかにもスマホを使った申し込みも可能です。

 

365日・24時間、自分の好きなタイミングで申し込みできます♪そのほかにも電話やファックス、郵送を使って来店せずに申し込みができる方法もありますよ。

 

銀行カードローンといわれると、審査に時間がかかるというイメージを持っている人もいるかもしれません。しかしとちぎんスマートネクストの場合、最短申し込んだその日のうちに審査結果を回答してくれます☆「急ぎで現金が必要!」という人のニーズにもしっかり応えてくれますね♪

 

とちぎんスマートネクストでもう一つ注目してほしいポイントとして、自動融資機能のついている点が挙げられます。

 

公共料金やクレジットカードの代金を、口座引き落としにしている人も多いですよね。もし公共料金やクレジットカードの代金支払いができない場合、とちぎんスマートネクストがあれば自動的に不足分を融資してくれます(*´▽`*)自分でいちいち手続きしなくてもいいので大変重宝しますよ!

住宅ローン


住宅ローンを繰り上げ返済したい場合、キャンペーンや「●●に同時加入すれば繰り上げ返済手数料無料」となる場合もありますが、栃木銀行カードローンの場合は有料となってしまします。

 

変動金利型の場合は5,400円、固定金利型の場合は金額に応じて21,600円〜43,200円となっています。

 

また、栃木銀行の住宅ローンに申し込む場合、本人確認や物件に関する資料を提出する必要があります。

 

物件に関する資料は不動産会社に相談すれば、揃えてくれるでしょう。しかし収入証明書の提出をする時に、人によっては注意したほうがいい場合もあります!

 

給与所得者の場合、源泉徴収票もしくは公的な所得証明書を提出します。一方個人事業主の場合、確定申告書と納税申告書・会社の代表者の場合会社決算書を提出しなければなりません。しかも個人事業主も会社代表者も、紹介した書類直近3期分の提出が求められますので注意しましょう。

 

さらに栃木銀行の住宅ローンでは他ではなかなか見られない、勤続年数を確認できる書類の提出も求められます。給与所得者の場合、健康保険証がその証明書類になります(個人事業主の場合、確定申告書で構いません)

 

ただし付属明細や税務署の受付印のあるものを用意しなければならないので注意が必要ですよ。

 

 

このように栃木銀行のローンは、第二地方銀行らしく個人のお客さんに対してきめ細やかなサービスを展開しています(*^▽^*)

 

カードローンの金利は素人にはわかりにくいところもありますが、栃木銀行のカードローンは一律で極度額によって金利が決められるので、初めて利用する人でもわかりやすいです☆

 

住宅ローンも長期の返済期間では、病気などにかかって働けなくなることも途中あるかもしれません。

 

そのような場合でもしっかりケアできるようなサービスが充実しているので、安心して融資が受けられるはずですよ(^^)/


関連ページ

足利銀行
足利銀行でお金を借りる時のポイントや注意点について紹介します。