三井住友銀行の融資サービスってどんな感じ?

 

三井住友銀行と言えば日本を代表するような銀行で、3大メガバンクの内の1つとしても有名です。

 

英名ではSumitomo Mitsui Banking Corporationとなっており、この頭文字を取って「SMBC」という略称でも呼ばれています。

 

三井住友銀行ってどんな銀行?

三井住友銀行は2001年の4月1日より発足した銀行で、住友グループの住友銀行と三井グループのさくら銀行が合併したことによって誕生しました。

 

どちらかというと住友寄りの組織となっていて、これは財閥解体後に住友銀行が三井銀行よりも優位な地位に昇り詰めていたことが要因とされています。

 

2016年に行われたプロ野球、日本シリーズのスペシャルスポンサーをつとめた他、2020年に開催が予定されている東京オリンピック、パラリンピックにも協賛しているなど、大々的なイベントの多くにも関与しています。

 

三井住友銀行のキャラクターは「ミドすけ」というカワウソなのですよ。知っていましたか?このゆるキャラ。私は知りませんでした(-_-;)

住友3

 

TVのCMには有名俳優さんが出演されているので、そっちのイメージのほうが強かったので・・・LINEスタンプもやぬいぐるみもあるので、ぜひチェックしてみてください('ω')ノ

 

また、三井住友銀行はディズニーランドのスポンサーですのでディズニーランド内にもATMがあります。夢の国ってけっこうお金がかかりますもんね・・・ATMがあるのは便利ですね。

 

でも土・日・祝日は休業らしいです。お客さんが多い日に利用できたらもっと便利なのに!ちなみに、ワールドバザールの中にありますよ。

 

 

三井住友銀行のカードローン商品

三井住友銀行のキャッシングサービスは2種類に大別できます。

 

1つはクレジットカード「三井住友VISAカード」に付与されているキャッシング枠を利用するという方法で、もう1つは「三井住友銀行カードローン」というキャッシング専用のカードを使用するという方法です。

 

この2つの方法にはそれぞれ違う金利が設定されており、申込方法やシステムについても若干異なりますので注意が必要です。
それでは、それぞれの特徴について見ていきましょう♪

 

三井住友銀行カードローン

【利用条件】
申込み時満20歳以上で69歳以下の方、安定かつ継続した収入のある方、保証会社の保証が受けられる方
※パート、アルバイト、年金受給者、専業主婦の方も利用可能

 

【利用限度額】
800万円 (10万円単位で選択)

 

【金利】
年4.0%〜年14.5%

 

【借入方法】
・三井住友銀行ATM、提携金融機関ATM、ゆうちょ銀行ATM、コンビニATM(セブンイレブンのセブン銀行・ローソン・ファミリーマートやポプラのイーネット)での借入 
※提携金融機関ATM以外は利用手数料無料
・インターネットバンキングでの借入
・自動融資での借入

 

 

【返済方法】
ATM入金、振込入金、返済用口座からの自動引き落とし、随時返済

 

申し込み方法はインターネット(パソコン・スマホ)、ローン契約機、電話、郵便、窓口があります。

 

三井住友銀行の口座とキャッシュカードがあれば、手続きがすべてオンラインでWEB完結('ω')ノ来店不要ですよ!

 

キャッシュカードを持っていれば、専用ローンカードを利用することなく手持ちのキャッシュカードですぐに利用することができますよ。

 

もちろん他行の口座しか持っていない場合でもサービスの利用は可能ですが、三井住友銀行の普通預金口座を1つ持っているだけで様々なメリットもありますので、利用に際して一緒に作ってしまうことをお勧めします。

 

審査は最短で30分とされていますが、郵便で書類を送ったりカードを受け取ったりすると、融資まではどうしても2日から3日程度はかかってしまうでしょう。

住友1

 

無人契約機や窓口での申込に限って即日融資が可能と考えておくことをお勧めします。

 

利用限度額が100万円までならば金利は年12.0%〜年14.5%で、銀行系キャッシングの中でも低いのが特徴です。

 

ただし、安定した収入があることが条件になっているので、学生や専業主婦、フリーターなどの場合には審査が通りにくいかもしれませんね。

 

返済日は5日、15日、25日、月末から選べるので自分の都合の良い日を選んで延滞がないようにしましょう!

 

カードローン契約機

最短30分で審査が完了し、そのまま本契約手続きが出来て専用ローンカードを受けることができます(^^♪

 

設置場所:三井住友銀行店舗内、SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)店舗内

 

原則、土日祝日も21:00まで申し込み可能ですよ。

 

手続きがスピーディーなのはうれしいですが、無人契約機に入るとこっろや出るところを知り合いに見られたら嫌ですよね・・・(-_-;)

 

三井住友VISAカードでのキャッシング

一般的にクレジットカードにはクレジット枠とキャッシング枠が用意されており、契約さえ済ませてあればキャッシングサービスをいつでも利用できます。

 

三井住友VISAカードでも同様にキャッシング枠が用意されており、ATMなどからカードと暗証番号のみで現金借入することができますよ☆

 

海外でも同サービスを利用できる

契約さえ済ませておけば、空港や主要な駅にあるATMからでも現地通貨を用意してもらえるため、もしもの時にも強い味方になってくれる

 

既に三井住友VISAカードを利用していると審査の方も通りやすくなっており、より迅速に契約を済ませられるのも魅力です♪

 

気になる金利の方は、クレジット会員のレベルによって異なります。

プラチナカード、ゴールドカード、プライムゴールド会員⇒年15.0%
それ以外のカード会員⇒年18.0%
※海外での利用の場合にも年18.0%の金利

一般的な銀行系キャッシングの金利が年15.0%前後であるのに対して、こちらは場合によっては年18.0%の金利での融資となります。金利のみを見ると優秀とは言い難いものがありますね(@_@)

 

ちなみに年18.0%という金利は消費者金融系のキャッシングサービスと同程度となり、このことからもそれほど低くない金利であることが分かりますよね。

 

三井住友銀行の住宅ローン商品

三井住友銀行の住宅ローンは、金利の低さとサポートの充実性に特徴があります。

 

低金利での融資と言ってもさすがにネット銀行の住宅ローンにはかないませんが、全期間固定金利で団体信用保険付きのものを選べばネット銀行よりも低い金利で融資を受けられます♪

 

加えて魅力となるのは担当者が付いてくれるということで、メガバンクというブランドもあり、サポート体制は充実しています☆

 

安心して融資を受けられるのが三井住友銀行の住宅ローンの魅力と言えるでしょう。

 

この他にも自然災害時の返済についても一部免除してくれる特約などもあり、もしもの時にも対応してくれる点も魅力となります。

住友2

 

共働きのご夫婦ならば「クロスサポート」がおすすめです。もしも夫婦どちらかに万が一のことがあったら、住宅ローン残高は0円に。

 

ご夫婦が共同契約者ではなく夫が契約者で妻が連帯債務者という契約になります。

 

残された家族が困らないようなサポートが充実しているのも大きな魅力ですよね☆

 

 

 

三井住友銀行でお金を借りる際の注意点

三井住友銀行の金融サービスは総合的に見ると、メガバンクということもあり、金利は比較的低めに設定されていると言えるでしょう。

 

キャッシングサービスについて言うと、三井住友カードローンは平均的な銀行系カードローンよりも金利が若干低めになっています。

 

また利用のしやすさについても、申し込みから契約までを店頭の窓口や無人契約機に行かなくても契約ができるようになっていますので、手軽さについても負けず劣らずの良い性能です。

 

これに対して三井住友VISAカードのキャッシング枠を利用するとなると、会員のレベルや利用金額によって金利が変動することになりますので注意しなければなりません。

 

クレジットカードのキャッシング枠は場合によって金利が高くついてしまうケースもあるため、お勧めなのは三井住友銀行カードローンですね。

 

もしも三井住友VISAカードのキャッシング枠を利用するならば、両親や配偶者の合意さえあれば枠を設けることも可能です。
この方法ならば審査にも通りやすいと考えられます(^_-)-☆

 

 

関連ページ

東京都民銀行
東京都民銀行でお金を借りる時のポイントや注意点について紹介します。
東日本銀行
東日本銀行でお金を借りる時のポイントや注意点について紹介します。
東京スター銀行
東京スター銀行でお金を借りる時のポイントや注意点について紹介します。
八千代銀行
八千代銀行でお金を借りる時のポイントや注意点について紹介します。
みずほ銀行
みずほ銀行でお金を借りる時のポイントや注意点について紹介します。
三菱東京UFJ銀行
三菱東京UFJ銀行でお金を借りる時のポイントや注意点について紹介します。