三菱東京UFJ銀行のサービスはどんなもの?

三菱UFJフィナンシャルグループの傘下となる三菱東京UFJ銀行は、日本屈指のメガバンクです。都市銀行の中でも財務の健全性が高いという特徴を持っているUFJ銀行ですが、どのようなサービスを展開しているのでしょうか。

 

三菱東京UFJ銀行ってどんな銀行?

三菱東京UFJ銀行は2006年に東京三菱銀行とUFJ銀行が合併することによって誕生しました。

 

現在ではUFJ銀行と言えばこの三菱東京UFJ銀行を指し、都市銀行として日本経済に大きな影響を与える存在になっていますよね。

 

2008年にはインターネットバンキングのサービスも提供を始めた他、独自のサービスを展開しており、従来の金融サービスに加えて革新的なシステムの導入、時代の流れをくんだ金融商品も提供されています。

 

日本国内の銀行の中で唯一ディズニーキャラクターをイメージキャラとして採用していることでも有名ですね。

 

 

三菱東京UFJ銀行のカードローン商品

三菱東京UFJ銀行のカードローンは「バンクイック」という名前で親しまれています。テレビCMなども展開していますので、名前はご存知という方も多いのではないでしょうか。さて、このバンクイックの内容について見ていきましょう。

 

【利用条件】
満20歳以上で65歳未満の方、安定した収入がある方、豊和銀行の営業区域内にお住まいまたはお勤めの方、保証会社の保証が受けられる方
※パート、アルバイト、年金受給者、学生、専業主婦の方も利用可能

 

【利用限度額】
10万円〜500万円 の10万円単位

 

【金利】
年1.8%〜年14.6%

利用限度額 利息
400万円超 500万円以下 年1.8%〜年6.1%
300万円超 400万円以下 年6.1%〜年7.1%
200万円超 300万円以下 年7.1%〜年9.6%
100万円超 200万円以下 年9.6%〜年12.6%
10万円超 100万円以下 年12.6%〜年14.6%

 

【借入方法】
・三菱東京UFJ銀行ATM、コンビニATM(セブンイレブンのセブン銀行・ローソン・ファミリーマートやポプラのイーネット)での借入 ※利用手数料無料
・指定口座への振込による借入

 

【返済方法】
・返済用口座からの自動引き落とし
・三菱東京UFJ銀行ATM、コンビニATM(セブンイレブンのセブン銀行・ローソン・ファミリーマートやポプラのイーネット)での返済 ※利用手数料無料
・振込による返済

 

 

銀行系キャッシングサービスの金利はだいたい15.0%前後が上限となっていますので、バンクイックも同水準であることが分かります。

 

消費者金融系のキャッシングサービスの場合には大抵が18.0%を上限としているため、それと比較すると明らかに金利は低いですね。

 

利用限度額は500万円が最高ですので、他銀行のカードローンと比較するとそれほど高くはないですね。

 

ということは、バンクイックは少額での融資に特化しているカードローンサービスであると考えるべきですね('ω')ノ

 

それでも限度額いっぱいの400万円から500万円の融資になると金利は1.4%となるため、この金額帯での融資ならばバンクイックを選ぶメリットも出てきますよ☆

 

金利1.4%は非常に低い金利で、他サービスではあまり見られない最高水準の利率であるため、500万円以内でおさめられるのであればバンクイックを、それ以上必要ならば他サービスを利用するのがお勧めです。

 

パート、アルバイト、学生、専業主婦の方も利用可能というのも大きなポイントです。学生は親権者の同意が必要で、専業主婦は配偶者に安定した収入があることが条件ですよ。

 

利用のしやすさを見るのであれば、やはり契約までの円滑さと融資までのスピード、そして返済のしやすさを考慮するべきですね。

 

バンクイックでは最短即日での融資が可能ですよ。テレビ窓口で申し込みから本契約をしてローンカードを受け取るのが最短の方法ですね(^_-)-☆最短40分です。

 

テレビ窓口は平日15:00以降でも土日祝日でも利用可能なので、平日日中が忙しい方でも利用しやすいです。申し込みはインターネット(パソコン・スマホ)、電話でもできます。

 

返済についても自動引き落としで済ませられたり、追加返済についても全国にあるATMから行えるなど、使い勝手という点も優れています。

 

三菱東京UFJ銀行の口座を持っていなくても利用可能ですし、新規に開設する必要もありませんよ(*'▽')

 

 

インターネットの会員ページを活用しましょう♪

 

利用可能金額、利用残高、次回返済額、次回返済期日、振込返済先口座、利用明細などを確認できますよ!

 

メールアドレスを登録しておけば、返済日の3営業日前に返済のお知らせメールが届きます。活用すれば返済忘れなどもなくなるでしょうし、とても便利ですよ。


 

 

三菱東京UFJ銀行の住宅ローン商品

住宅ローンでは、メガバンクとしての安心感や信頼感を前面に押し出した商品コンセプトとなっています。

 

金利は当初10年固定金利の住宅ローンサービスならば、ネット銀行には劣るものの、メガバンク内では最高水準となっています。

 

オプションサービスについても充実しており、振込み手数料の優遇、疾病保障付きのサービスなどの導入、メガバンクだからこそ実現可能な安心感と信頼感がセールスポイントとなっています♪

 

窓口に行かなくてもネット上から融資の申請を行うことは可能ですが、サービスの内容も幅広いので、自分に合った保障内容を案内してもらいたいという場合には店舗へと足を運ぶことをお勧めします。

 

ネット銀行ではこういった案内は受けられませんし、案内を受けないのならば三菱東京UFJ銀行のサービスをわざわざ利用する意味がないと言っても過言ではありません(`・ω・´)

 

納得のいく住宅ローンに仕上げるためにも、ぜひ行員さんに相談をしてみてくださいね。

 

 

三菱東京UFJ銀行でお金を借りる際のポイント

バンクイックはネット上から審査の申請を行うことができ、必要な書類についても郵送という形で補うことができますので、手軽に契約できてしまうことが利点と言えますが、これは同時に欠点でもあります。

 

金利が安いとはいえ、14.6%もかかってしまうことになりますし、カードローンだと一度契約さえ交わしてしまえば、限度額がいっぱいになるまでは融資を受けられるため、キャッシングの闇に飲まれてしまうことも考えられます。

 

返済は基本的にリボ払いとなり、約定返済で決められた金額だけを毎月返済していくことになりますが、これだと金利を返済するだけにとどまってしまい、なかなか元金が減らないという事態に陥ってしまいがちです(-_-;)

 

したがって、融資を受ける前にはまず立ち止って利用すべきかどうかを考える、そして利用したら追加返済を行って可能な限り早く返済してしまうことを忘れてはなりません!

 

住宅ローンの場合にも同じことが言え、約定返済に加えて追加返済をしていくことによって金利の発生を抑えることが可能となりますので、できれば早く短期間で返済してしまうように心掛ける必要がありますよ。

銀行3

 

バンクイックは専業主婦やフリーターといった定期収入の少ない方でも融資を受けられるようになっていて、利用金額にもよりますが比較的審査も通りやすいのが特徴となります♪

 

少額の融資であれば身分証明書だけでも融資を受けられるため、消費者金融系キャッシングサービスのように収入証明書類を用意する必要がなく、手軽で便利ですよ。

 

また追加融資の相談についても限度額内ならばATMを用いて簡単に融資を受けられるようになっており、カードを1枚作っておくだけでも、もしもの時に柔軟な対応を取ることが可能です。

 

関連ページ

東京都民銀行
東京都民銀行でお金を借りる時のポイントや注意点について紹介します。
東日本銀行
東日本銀行でお金を借りる時のポイントや注意点について紹介します。
東京スター銀行
東京スター銀行でお金を借りる時のポイントや注意点について紹介します。
八千代銀行
八千代銀行でお金を借りる時のポイントや注意点について紹介します。
三井住友銀行
三井住友銀行でお金を借りる時のポイントや注意点について紹介します。
みずほ銀行
みずほ銀行でお金を借りる時のポイントや注意点について紹介します。